外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

雨戸(戸袋)の塗装・DIYはできる?よくある劣化症状と塗料について

      2016/11/17

雨戸(戸袋)のよくある劣化症状

外壁塗装の疑問雨戸はステンレスやアルミ、昔では木製など様々な材質で作られています。
鉄で出来た雨戸は錆が出てきて腐食していきますし、木製の雨戸も同様に痛んで腐ってきてしまいますので、補修が必要になってきます。
海の近い場所などでは錆びの進行も早いのですが、雨が直接当たらない場所のほうが先に錆びてしまいます。

雨戸(戸袋)の劣化を放置するとどうなる?

放置していると、鉄製の物は錆びが進行すると穴があいてしまいますし、木製の物は朽ち果てていきます。
錆び難いステンレスやガルバニウムなどの雨戸だとしても、一回錆び始めると腐食が進みやすくなるので、対処が必要です。
廻りの錆が接触するような場所にあったり、雨で錆び汁が流れてくるような場合などは、貰い錆びしやすいので注意しましょう。

雨戸(戸袋)にはどんな塗料を使う?

塗料屋さんの説明鉄製の雨戸はしっかりとした錆び落としの後に、エポキシ樹脂製の錆止めと、ウレタン樹脂やシリコン樹脂の塗装、フッ素樹脂塗料などを使ったり、厚膜タイプの塗料で長期的に持たせる様に施工します。
木製の場合は、膜を作るタイプの塗料はどうしても木の呼吸で剥がれやすくなってしまいますので、膜を作らない浸透性のオイルステインタイプや、呼吸を妨げない造膜タイプの塗料を使いましょう。
特に通常の油性系の塗料は剥がれやすいのでおすすめしません。

雨戸(戸袋)のDIY塗装は可能?

雨戸の塗装は、使用が難しい2液タイプが良いので、DIYでは難しいです。
どうしても自分でやりたいのならば出来なくも無いですが、しっかりとした塗料の使い方と塗り方で作業しなければいけません。
雨戸を外して作業できるなら外してすると良いでしょう。

雨戸(戸袋)の塗装と外壁塗装の違うところ

外壁塗装のポイント外壁と違って家の内側の面も塗装することになるので、思ったより塗装面積が増えることになります。
雨戸はサイディングの様に模様が無く平滑なものが多いので、塗料によってはダレ易い事もあります。
鉄の素材などは早朝、夕方に結露の可能性があるので天気と季節には特に注意が必要になります。