外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

カーポートの塗装・DIYはできる?よくある劣化症状と塗料について

   

カーポートよくある劣化症状

ドブ付けの亜鉛メッキや、鉄骨製、木製、樹脂製とこちらの素材も多様にあります。
積雪地域のカーポートは部材全てが金属、それ以外ではポリカーボネイト製が多いのですが、柱はどの地域でも金属製が多いです。
金属の柱、天井の波板も錆が出てきますし、木製のカーポートは主に水が接しやすいところから痛んできます。

カーポートの劣化を放置するとどうなる?

カーポートも重量物、並びに台風などの風を受けるので錆びたまま、腐ったまま放置していると倒壊や部材が飛んで行ったりと、他の家に迷惑をかける可能性があります。
今はガルバリウム合金の屋根材などで、以前よりは錆びにくくはなっているものの、絶対錆びないと言うことはありえなく、一部に錆が発生するとあっけなく穴があいたりするので、注意が必要ですし、木製のカーポートも木の割れが出やすくなります。

カーポートにはどんな塗料を使う?

適正な下地処理の後に2液型のエポキシのさび止め、そしてウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂などで塗装しますが、ここで使うものも2液型の塗料をおすすめします。
長期的にメンテナンスサイクルを稼ごうと思ったら、1液型より2液型の塗料の方がまだ化学反応が緻密でしっかりとした塗膜になるからです。

カーポートのDIY塗装は可能?

自分でカーポートを塗装している人はたまに見かけますが、しっかりとした塗料を使ってさび止めから上塗りまで出来ている人はなかなか見たことがありません。
2液型の塗料を使うのならばしっかりとした職人さんに塗って貰ったほうが安心できるかと思います。
錆が残っていたり、貰い錆をしないようにしっかりと道具も管理して錆を落とす必要もあり、素人では難しいです。

カーポート塗装と外壁塗装の違い

カーポート位の面積ならば、こちらだけ単体で塗装を依頼してもやってくれる塗装屋さんはいるかと思いますが、外壁と一緒に頼むことで余計なコストをかけずに依頼できるかと思います。
カーポート屋根の裏側には結露防止の塗料など、車に水滴が落ちにくくするような専用の塗料もあるので、カーポートの水滴が気に成る方は聞いてみると良いです。