外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

磁器タイル(10年経過)の劣化状況・塗装目安

      2016/07/06

10年前に新築されたお宅の磁器タイルの外壁を知人の塗料屋さんに画像を見ていただいて分かる範囲で劣化状況や塗装目安について教えて頂きました。

磁器タイルの特徴を簡単に教えてください。

磁器タイル1

こちらの外壁は磁器タイルと言う、無機物の石、レンガのようなもので、半永久的に変色や変形はありません。
その変わりに接着部分の接着モルタルや目地部のコーキングなどは通常どおりに劣化するので、やはりメンテナンスは必要になります。

磁器タイル2
丈夫な為に使用する戸建も多くありますが、費用も高価な事と、重量がある、剥落と言った経年劣化で剥がれて落ちてくることがあるので、サイディングほど多くは使われておりません。

画像を見ながら劣化状況を教えてください。

磁器タイル5

(上記↑)写真を見ても判るように、さすが磁器タイルという感じです。
釉薬をかけてあるタイプなのか、艶も10年たっているにも変わらず、しっかり残っていますし、汚れもそんなに付いている様には見えません。

磁器タイル3
大体10年付近でシーリングが痩せて切れたりしてくるのですが、(上記↑)写真を見てもまだしっかりしている様に見えます。
この状態なら劣化状況は殆ど無いと言っても良いのではないでしょうか。

塗装時期などのアドバイスをお願いします。

磁器タイル4

(上記画像↑)このくらい綺麗で残っているのは、周りの環境に因るところも多いのかもしれません。工業地帯などの場合は、汚れが多く付き易いのですが、定期的に洗浄をするなどで綺麗な状態を保てます。

この磁器タイル部は雨風や紫外線などの影響を受けたとしても、殆ど劣化しないので、磁器タイルの外壁の戸建はシーリングと目地部のモルタルの傷みに注意しましょう。シーリングの種類と施工方法によっては、10年以内でも切れて裂けてくることがあります。

磁器タイルはメーカーが保証しているものも多いですが、防水や剥落はやはり10年保証が多く、このくらいの時期から何かしら補修が必要になることが多いのかもしれません。
目地部のモルタルコンクリートは酸性雨や塩害や凍害の影響は受けますので、そういった部分の予防と言った点でも、シーリング打ち変えなどのタイミングと一緒に、目地部の保護塗料などの施工をおすすめします。