外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

外壁塗装の見積書はここをチェックしないと失敗する

      2016/12/12

机上の見積りは殆ど失敗します

話しただけで、実際に測らないで見積もりを作る場合は、ある程度の予想で見積もりを作ります。建坪や床面積から外壁の面積を出すのですが、実際には塗らないで良い窓や扉などの面積を引かなければ成りません。

その為、見積もり金額より高くなったという事が多々あります。逆に実面積が少なくても、安くしてくれる塗装業者は稀なので、必ず実際に測って見積もりを作って貰いましょう。

他に不必要な経費はかかっていないかどうか

見積書に書かれている項目はどの様な物が書かれているか。足場費用別途、付帯部別途などの不明な金額部分が書かれていませんか

見積書に書かれていなくても、実際の作業の時にお願いするのならば、見積書の時点で入れてもらったほうがお互いに言った言わないの口論になり難いので、良いでしょう。

価格の妥当性はどうか

作業する工程の費用が平均した価格より大幅に上回っていないか、管理費で多額の請求が入っていないかなど、しっかりチェックしましょう。

元が高額なのだが、今契約するならと大幅に値引きをしてくる様な塗装業者も注意しなければ成りません。

今一度落ち着いて、金額に対して向き合い、平均的にどれ位かかるものかを調べる為に相見積もりを他に頼む事も良いかもしれません。

塗装仕様が間違っていないか

サイディングのクリアー塗装なのに、微弾性フィラーが下塗りで入っていたり、光触媒塗装がしてあるのに、対応していないシーラーが入っていたりと、必要な物と不必要な物が記入されているか確認が必要です。

素人では判断が厳しいので、どうしても経験のある塗装業者である必要があります。若いから、年寄りだからは関係なく、しっかりとした知識を持っている方が確認しましょう。

ここを見ておけば失敗しない

一社だけではなく、多数の会社の相見積もりを請求する事はもちろんですが、それぞれの見積書の内容を揃える事が必要です。抜けている項目は含まれての値段なのか、必ず確認するようにしましょう。

塗料の選定は専門家などで無ければ、どの様なものが良いかはわかり図らい事かと思われますし、その材料を使っていない塗装店では、どれが良いのかわかる所も少ないです。

同じ樹脂でもランクが上から下までありますので、そう言った面でも条件を合わせて比較させましょう。