外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

ALCボードの塗装・補修時期(8~10年)とおすすめ塗料|中に気泡があり断熱性能が高い

      2017/07/28

外壁材のALCボードとは

ALCボード、アップ画像

塗料屋さんの説明ALCボードとは軽量気泡コンクリートと言い、軽石の様なボードです。中には多数の気泡があり、断熱性能を高く保つことが出来ます。

テクスチャーと言われるボードの表面模様がついたものや、模様無しの平らなボードを使い壁の役目にするのですが、この建材は最初の巣穴潰しが肝心です。表面がポツポツ穴が開いているので、しっかり埋めて塗装をしてもらいましょう。

ALCボードの劣化症状と塗り替え目安(8~10年)

6年ALCボード 劣化

残念なポイントこのALCボードは整形されたボードですが、最初の施工のときの目地部分などのコーキングが痩せてきたりすると、隙間から水が入って来るときがあります。

古いコーキングが硬くなり、衝撃をALCボードが直接受けること等でひび割れや欠けなどの症状を発生します。もちろん表面は塗装してある面なので、チョーキングや塗膜剥離などの劣化症状が出てくれば塗り替え時期になります。

塗装をしたとしても頻繁に膨れや剥がれの症状が出てくるようですと、水が回っている可能性があるので、先に防水の仕事になります。

ALCボードのおすすめ塗料とボードの交換

外壁塗装のポイントこのALCボードに相性の良い塗料は、トップコートのみの塗り替えならば水性シリコンあたりが良いでしょう。ALCボードは、メーカーによって推奨仕様が出ていますので塗装できない仕様もあることを覚えておいてください。

ボードの状態によっては、シーラーやフィラーの様な下塗り材を入れることで塗装する面が綺麗に仕上げることも出来ます。酷い状態だと、塗装してももうどうしようもない場合は、ボード自体を交換するしかなくなるので、酷くなる前に塗装などの補修を入れたほうが良いですね。

各ボードメーカーの仕様に沿っての塗装が無難ではありますが、どのALCボードメーカーも重い左官仕上げやタイル張りなどは剥がれる恐れがあるので殆ど推奨していないようです。推奨仕様ではなくても、実績のある方法や塗料なら大丈夫だとは思いますので、そこは要確認してもらえればと思います。

新築の状態でALCボードに塗装する仕上げなので、溶剤型の塗料は下地を犯す可能性があります。その為塗り替えの時は弱溶剤タイプの塗料か、水性タイプの塗料で施工するほうが安心です。
水性塗料で仕上げている面に、溶剤型の塗料を持っていくと、縮みや膨れ、塗膜剥離の原因になりやすいのです。

最初にどのような施工方法で塗装してあるかは確認すればわかりますが、もしわからない場合は水性塗料での塗装をおすすめします。