外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

シャッターの塗装・DIYはできる?よくある劣化症状と塗料について

      2016/11/17

シャッターのよくある劣化症状

自動車やバイクの入るガレージのシャッターなどは、ほぼ鉄やステンレスやアルミ、ガルバリウム鋼板などで作られていますので、必ず錆が出ます。
特に下側と両端部やシャッターボックスから発錆していきます

シャッターの劣化を放置するとどうなる?

錆が出たままで使っていると、徐々に錆の範囲が広がっていき、最終的には穴が開いてしまいます。錆が出る場所によっては、シャッターが降りなくなったり、上げれなくなったりと言った不具合が出てきます。

メッキやガルバリウムなどの錆びにくい材質を使っていたとしても、上げ下ろしで傷が付いてしまうと、そこは錆びやすくなるのでメンテナンスが必要になります。

シャッターにはどんな塗料を使う?

鉄部全般に言える事ですが、シャッターは特に水性塗料はおすすめしません。戸建てに多い巻き上げ式のシャッターは、上げた時にケースの中で塗装同士が密着して剥がれやすいので塗装を薄くしてくっつきにくくするか、対応した上塗り、例えばラッカー塗料などを使います。

水性塗料は特に塗膜同士がくっつくと密着して、シャッターを下ろした時などにお互いに引っ張りあって剥がれる事が多いからです。

シャッターDIY塗装は可能?

DIYでシャッター塗装は出来るなら辞めたほうが良いです。
なぜならば素人で塗るような1液タイプの塗料ですと、塗膜同士がくっ付いて剥離の原因になりますし、塗装は結構な重さがあるので、自動巻き上げのシャッターなどは上がらなくなる事があります、こう言った事から専門の業者に任せた方が安心できます。

シャッター塗装と外壁塗装の違い

外壁塗装と違い可動部に塗装するので、注意が必要な事、乾いた後に塗装同士が触れ合うと可塑剤と言う塗料を作っている成分が塗装同士に行ったり来たりと移動する事で乾いた後なのに粘着性を持ってしまってぴったりとくっ付いてしまうのです。
その為、養生期間を長期的に取ったりシャッター用の為の塗料を使ったりしなければならない事です。