外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

物置倉庫の塗装・DIYはできる?よくある劣化症状と塗料について

      2016/12/12

物置倉庫のよくある劣化症状

戸建ての方の庭には物置など置いている方はとても多いですが、こちらの物置は金属製の物が多く、使用する年月が経ってくると錆も出て、中、外、扉と色んな部分が腐食してきます。
木製の物置を置いている方も多く、雨がかりの部分や屋根などは傷みやすいです。

物置倉庫の劣化を放置するとどうなる?

金属製の物置は錆が出たままの状態で長期的に放置していると、腐食が進み穴があいて、中に水が入ってきてしまいます。
外で使う物を物置に入れておくので濡れても大丈夫という人は多いかと思いますが、内部に水が入る状態だと、物置の中の水分がとても多くなり、中の物がとても錆びやすくなります。
木製の物置も同様で腐食して腐ってくると中に雨水が入るので、痛みも早くなりますので痛まないうちに塗装で補修します。

物置倉庫にはどんな塗料を使う?

物置倉庫は焼き付け塗装がなされていますが、現場で焼き付け塗装は出来ないので、通常の鉄部を塗るような塗装方法になります。
エポキシ樹脂の錆止めと、ウレタン樹脂またはシリコン樹脂の塗料で上塗りします。
暑くならないように遮熱塗料などを使って塗装する人も多いです。

物置倉庫のDIY塗装は可能?

DIYで塗装は材料が揃うならば出来るかとは思いますが、面積的にそこそこ大きいので、準備するのが大変かもしれません。
大きい倉庫ならば個人でやるのはとても大変なので外壁のついでになどお願いした方が良いでしょう。
塗料自体余ってしまったら処分も費用がかかりますし、使い切る様に小さい缶で揃えると費用は高額なものになります。
物置倉庫はDIYできる人なら自分で作って塗装する人も居るくらいなので、入門にはぴったりだと思います。

物置倉庫の塗装と外壁塗装の違い

金属製の物置ならば外壁とは違いますが、木製なり、ボードを張って仕上げるような物置の場合は戸建の小さい盤の様な物なので、ほぼ一緒の補修方法で変わらないと思われます。
小さな物置ならばこまめに塗り替えることも出来ますし、剥がれてきたら塗り替える位の気持ちならば塗料自体の制約も殆どありません。
木製なら実際外壁と違って、個人で塗られている方も多く居ます。
金属製の倉庫や物置ならば錆をしっかりと落としてからの塗装になります。