外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

トタン張り外壁の塗装・補修目安(10~15年)とおすすめ塗料|サビの度合いによっては交換の必要あり

      2017/07/28

トタン張り外壁の特徴

最近は少なくなってきましたが、まだまだ塗り替え需要は多くあるトタン張りの壁です。このトタンは溶融亜鉛めっき鋼板と言うもので、人によっては亜タンとか言う人もいます。

戸建て等、私たちが良く見るトタンは、この溶融亜鉛めっき鋼板にプリントが貼ってあるプリント鋼板と言われる物が殆どで、工場や倉庫などではまだまだこのトタン張りで張ってある所が多いです。

亜鉛めっき鋼板は、鉄と亜鉛の犠牲防食作用によって錆を防ぐ目的なのですが、定期的にメンテナンスをすれば通常の鉄と比べても長く良い防食作用があります。

犠牲防食とは、亜鉛は鉄より錆び易い性質を持っているので、鉄の表面に亜鉛を付着させることで亜鉛が先に錆び、結果的に鉄をさびにくくさせているのです。

表面にメッキが施されているので、傷ついた箇所や切り口などから錆が発生します。トタンを張るときには擦り傷などに注意することと、穴などを開ける場合は錆止めを空けた箇所に塗っておくことで長持ちさせることが出来ます。

トタン張り外壁の劣化症状と塗り替え目安

トタン張りの劣化要因は、自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物などや、酸性雨、塩分などがあります。塗り替えの目安は、表面に錆がうっすらとでも出てきた場合になります。

プリント鋼板の場合は、表面に出てきたときは下側でどのくらい錆が進行しているか見えないので見えたときが塗装時期と思ったほうがいいと思います。全体に錆が出ているときは全体の錆を良く落として塗装します。

トタン張り外壁におすすめの塗料

トタン屋根は溶融亜鉛めっきと言われる亜鉛めっきなので、状態にもよりますが、通常の錆止めでは付着性が弱いものがあります。その為2液型のエポキシ錆止めをつかいましょう。

また表面に亜鉛めっきが施されているので、錆が出ていない綺麗な面を錆び取りのためにゴシゴシするとメッキを取ることになるので、場合によっては錆を早く呼ぶ可能性もある事を覚えておいてください。

そして上塗りはウレタン樹脂またはシリコン樹脂の弱溶剤型の塗料をおすすめします。この先何年もたせたらよいのかなど事情もありますし、もう錆まくっているトタンは交換の対象なので、それほど高価な錆止めと上塗りを塗る必要は無いと思います。

あと5年くらいならウレタン樹脂塗料、10年弱ならシリコン樹脂塗料という風に、あと何年くらい持たせたいかなどの希望を良く相談して塗料を選定するのがいいでしょう。