外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

ベランダ周りの塗装・DIYはできる?よくある劣化症状と塗料について

      2017/07/29

ベランダのDIY塗装は可能?

上塗りの塗り増し的な要素で塗装するのであれば、細か部材なども少ないのでベランダ塗装はDIYでもやりやすいのではないでしょうか。

その代わり、防水シートのトップコートは塗装できる塗料と出来ない塗料があるので、これは塗装店にお願いしたほうがよいと思います。

(当サイトでは、現役の塗料屋さんによる正しい情報を発信しています。)

ベランダ周りのよくある劣化症状

ベランダは防水塗装がなされていたり、FRPの床に塗装されていたりと色々ありますが、どの様な塗装も防水塗膜を長持ちさせる為に塗装されています。

防水シートのベランダでもシートが痛んで来ると切れたり穴が開きますし、雨が当たりやすいので塗装が劣化してくると色あせたように所々剥がれて来たり、ベランダの日陰に成る様な所では藻が発生しやすく、その藻が外壁まで移って来たりし易いです。

ベランダの劣化を放置するとどうなる?

防水シートが掛かっていたとしても上には塗装がしてありますので、それが痛むとシート自体が切れやすくなりますし、穴があいて水が回ってしまうと漏水の原因に成ります。

コンクリートやFRPの上に防水塗装がなされているベランダでも、塗装が傷んではがれてくると水が染み込むので、ヒビが入ったり下の階の天井や軒裏などから漏水してしまいます。

屋内に漏水すると壁紙やボードなどにカビが生えたりと金額がかさんでしまうので雨漏りは特に注意が必要です。

ベランダにはどんな塗料を使う?

防水シート製のベランダの場合は多くの種類があるのでシートに適した塗料を選びます。

コンクリートなどの防水塗膜で防水するタイプはウレタン塗料の防水塗料で塗装するのですが、どちらも中の塗膜の保護の為にトップコートの塗り増し的な要素で塗装します。

もう漏水しているような防水層は完全に他の塗膜を剥がして補修と再塗装が必要になりますが、色が薄くなってきている程度であれば、上塗りを再度塗装して防水層を守る塗料を上に塗るわけです。

最近は遮熱塗料などの紫外線を反射する防水塗料が出てきているので、ベランダが夏場でも暑くならないように施工する戸建も多く増えてきています。

ベランダ塗装と外壁塗装の違い

外壁と違い、床面の塗装に成るので防水能力のある塗料を使うことです。
足で上がる面に塗装をすることに成るので、対応した塗料を使わなければいけません。
防水を目的としているのである程度塗膜に柔軟性のあるウレタン樹脂塗料が多く使われており、耐候性などの機能より、防水機能に重点を置いた塗料を使用するようにしましょう。