外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

塀の塗装・DIYはできる?よくある劣化症状と塗料について

   

塀のよくある劣化症状

塀は塗装仕上げの物と、無塗装のの物と各種ありますが、綺麗な塀は道路側から見た場合に一番手前で大きな面積があるので好印象になります。
排気ガスや泥汚れなどでコケが生えたり黒くすすけたりと汚れていきますが、中に鉄筋が入り積まれたコンクリ塀や石材の塀は無機物なので長期的に使用できます。
しかしコンクリートはアルカリ性なので、酸性雨などで中性化してくると、割れの原因に成ってきます。

塀の劣化を放置するとどうなる?

汚れやコケをつけたままにしておくと、コンクリートも痛んでボロボロに成ってしまいますし、何かしら塗装がしてあるコンクリートやブロック塀でも何年かで塗装自体が痛んでくると、剥がれてくる可能性があるので、補修が必要になります。
ヒビが入った塀は倒れる危険性があり危ないので早めに補修したほうが良いです。

塀にはどんな塗料を使う?

汚れを落としたいだけであれば、高圧洗浄だけで十分ですが、汚れを付きにくくしたいのであれば艶消しのクリヤーコートやカラークリヤー、撥水材、コーテイング用の塗料等を使います。
コンクリートブロックの様な多孔質の塀は大量に塗料を吸い込むので、どうしても塗りたいのならば下塗りで吸い込み止めを入れなければ綺麗に仕上がらなく大変です。
ジョリパットの様な砂壁状の塗料も多く使われています。

塀のDIY塗装は可能?

DIYで今のブロック塀を砂壁にしたいと言う問い合わせが良くありますが、結構大変です。
塗りっぱなしのローラー仕上げだとしても、下のブロックの段差などをなくす為に下塗りでコテで段差補修をしたりしなければいけません。
しっかりと予習をして、どう言った順番で塗装をするのかなどを勉強すれば自分で塗装することも可能だと思います。
面積が少なければ費用もそれほど掛かりませんし、塗装初心者や家族で思い出作りに塗装して手形を残すなどしているお客さんも居ます。

塀の塗装と外壁塗装の違い

塀の塗装は外壁塗装と違って地面から水が回ってくることと、塗装で囲ってしまうので、水分の出口がなくなることがあります。
外壁は外に面したところだけの塗装に対して、塀は全面なので、地面から何十センチは空けて塗装しないと、水蒸気が出るときに膨れて剥がれたり膨らんだりする原因になるので、注意して塗装します。
使用する材料は外壁塗装で使うものと変わりはありませんが、空気等の逃げ道をしっかり作って塗装する必要があります。