外壁塗装Navi ~塗り替え時期・相場は?~

外壁の塗装に関する価格や塗り替え時期、相場などを公開しています。塗装屋さんに聞いた情報はとても塗料選びの参考になりますよ。

*

ラジカル塗料の特徴と欠点|最高レベルのコストパフォーマンスですが実績少ない

      2018/09/24

最近人気が出ているラジカル塗料とはどんなものか知っていますか?これはアクリル樹脂やシリコン樹脂と言った樹脂の名前とは異なります。

ラジカルとは紫外線や酸素や水などの劣化因子によって発生する原因の事を言い、その影響を受けて発生するそのラジカルの影響を受けづらくした塗料、言い換えれば『ラジカル制御型塗料』と言えるでしょう。

(当サイトでは、現役の塗料屋さんによる正しい情報を発信しています。)

◎ラジカル塗料の特徴や最近の傾向

塗料屋さんの説明ラジカル塗料は、まだ商品化してから日が浅い事もあり、爆発的な人気とは行きませんが、知る人ぞ知る塗料として人気が上がっています。水性と溶剤タイプの1液型が有り、塗料メーカーによっては、使っている樹脂名を主に出していないメーカーなどもあります。

樹脂で選ぶのではなく、性能で選んでもらう為との事です。機能面では防汚染性を備えた商品も多く、高耐久で今まで水性塗料では出せなかったレベルの艶と色持ちを実現したタイプもあります。

▼入力たった10秒、匿名OK▼

ラジカル塗料は、どんな人に向いているか

ほとんどの外壁に対応

モルタル、コンクリート、ALC、吹付けタイル、サイディングなどあらゆる建材に使えます。ラジカル発生に対応してある各樹脂塗料なので、通常のアクリル樹脂塗料やシリコン樹脂塗料と同様に使う事ができます。

小さなお子さんがいる方

住宅街で匂いを気にするのであれば、水性タイプ、そうで無ければ弱溶剤タイプの使用が良いでしょう。小さなお子様やお年寄りの方は少しの臭いにも敏感に反応しますし、家の中には目張りしていたとしてもどうしても臭いが入ってくるのでアレルギー持ちの方は注意しましょう。新しい商品は蒸発する溶剤量にも配慮されている商品が多いです。

どの塗料を選べばよいか分からない方

新設から塗り替えまで幅広く使う事が出来るので、悩む必要がありません。何を選んだら良いのかわからないという方はこちらの新しい商品を使ってみることをおすすめします。新しい商品ですが、メーカーでしっかりと試験はしてあるので心配は要らないです。

頻繁に塗り替えをしたくない方

このラジカル制御型樹脂塗料は各メーカーともに長期的な塗り替えサイクルで設計されているので、どの様な種類を選んだとしても、10年から15年程度のロングライフ設計になっています。外壁の塗り替えを頻繁にしたくないという方はこちらの商品を選ぶと良いでしょう。

ラジカル塗料のメリット(良い点)

メリット(良い点)性能が良く、チョーキングが起きにくい

水性又は溶剤アクリル樹脂や水性シリコン樹脂塗料と比べて多くの面で優れている。性能的にはアクリルベースのラジカル制御型塗料ならば1液シリコン程度以上の性能になっているようです。シリコン樹脂ベースなら2液シリコンと同程度の性能になっています。

安価であるのに今までの樹脂塗料以上の性能を発揮

価格的に安くて性能が高く、コストパフォーマンスは最高レベルです。金額の割には性能が良い物が多いので、対応年数も期待できます。それに伴ってのメンテナンスサイクルコストの軽減が出来るので、それなりに安く、そして高性能とダブルでお得なラジカル制御型塗料になっています。

ラジカル塗装の㎡単価

価格的にはアクリル樹脂ベースのラジカル制御型は安いのに、シリコン樹脂以上の性能の物も有ったり、またシリコン樹脂ベースのラジカル制御型塗料はシリコン樹脂塗料の高ランク品と似た様な価格帯で、大変コスト的にはおすすめ出来る商品であります。

相場的にはウレタン樹脂~シリコン樹脂辺りと似た様な価格帯なのですが、価格の幅が大きい為に一概に幾らとは言いにくいのですが、平米1500円~2200円辺りではないでしょうか。塗料の価格的に安い物で、性能も良い物が出現した事で、新しい塗料の時代が来た、そんな感じがする塗料です。

新開発の技術を組み込んだ最新塗料

ラジカルと言う樹脂同士の結合を壊す役目の原因を抑制するのがラジカル制御型塗料になりますが、最近出てきた新しい商品なのでどのメーカーも力を入れてきています。そして艶持ちが良く、チョーキングや変色がしにくい特徴があるので、塗膜性能が期待出来ます。

ラジカル塗料のデメリット

残念なポイント製品ラインナップが少なく、名前が知られていない

商品自体が新しく、使った事のない塗装屋さんも多くいます。実績がない為に、こちらから聞いてみないと取り扱いしているかわかりませんので、お客様の方から提案しなければいけない可能性があります。塗装屋さんの方も余り使った事の無い塗料はほぼ提案して来ません。またラジカル対応の塗料のラインナップもそれ程多くありません。

実際の現場で長く持つのかまだ知られていない

技術的な高性能の説明商品ですが、塗装店、個人でもあまり知っている人が少ない為、説明を求めてもあまりわかる人が居ないです。ここ一年間で各メーカーからちらほら発売されてきた商品なので、名前も聞いた事が無い方も多くいます。その為ラジカルって何なのか、本当に良いのかの口コミも少ないです。

▼入力たった10秒、匿名OK、完全無料▼

▼特殊な外壁塗料4種▼